モビットでの繰り上げ返済の方法は?

モビットでの繰り上げ返済の方法を見てみましょう。モビットではいつでも返済したい時に返済できる随時返済や、まとめて完済してしまう一括返済ができます。利息の軽減にもぜひ活用していきたいですね。
モビットでは、返済方法は自動引き落としによるものと、モビットカードを使ってATMで行うものがあります。さらに、モビットが指定する銀行口座に振り込みをすることでも返済が可能になります。モビットでは店舗がありませんので、このうちのいずれかの方法を選択する必要があります。
ただし、繰り上げ返済に関しては自動引き落としを利用することができないため、ATMか銀行振り込みによって返済することになります。ただし最初にWeb完結で申し込みをした方は、モビットカードが発行されていないのでATM返済は利用できません。ですから、指定の口座への振り込みを利用しましょう。
随時返済はいつでもできます。自分が思い立った時、お金に余裕がある時にさっと返済してしまうことでその日数分の利息を減らせます。例えば朝借りて夕方返すといった方法も可能になっています。銀行口座のように使えますので、モビットでの契約があることでお金に余裕ができるようになるでしょう。
モビットで契約をした方はモビット会員ということになり、会員サービスを活用できます。会員サービスでは返済のシミュレーションができますので、一括返済時の金額なども把握しやすくておすすめですよ。もちろん追加借り入れした時などにもこまめにシミュレーションをしておくと安心です。

カードローン保証人も担保も必要ないのは本当?

カードローンの定義は個人向けの無担保貸付であることです。
そのためどこのカードローンでも保証人や担保が必要になることはありません。
住宅ローンなど大型ローンでは保証人が必要になることがあります。
しかし万が一返済ができなかったとしてもその住宅を売却してでも回収ができる金額です。
金利には実は、リスクが反映されています。
住宅ローンのような大型融資であっても返済ができなかったとしても住宅の売却による回収がありますので実はリスクの少ない融資です。
一方でカードローンは返済が満額回収できない割合が1〜3%あるとされています。
そのリスクが金利に加算されカードローンは高金利になっています。
金利でリスクを回避している、そのためカードローンには保証人も担保も必要はないというわけです。
一昔前であれば消費者金融では特に保証人が必要だったものです。
消費者金融探しよりも先に保証人を探さなくてはならない、そんな時代でした。
保証人を安易に引き受けてはいけない、その警鐘はあちらこちらで鳴らされていたものです。
ちなみに保証人と連帯保証人、その違いはなんであったのかご存知でしょうか。
契約者本人である債務者が万が一返済できない状況になったとき代行して返済をしなければならない、その基本は保証人も連帯保証人も変わりありません。
異なる点は貸し付けを行った債権者に対し債務者本人に支払いをさせるよう発言できる権利があるかどうかということだけです。
債権者に返済を求めるように請求できたとしても返済が行われないのであれば結果として保証人が返済をしなくてはなりません。
しかし連帯保証人の場合、その言葉通り連帯責任があります。
実際に借り入れを行った債務者と同じ立場にあり、債務者が返済をしない時には同時に連帯保証人が返済をしなければならない義務が発生します。
保証人、連帯保証人になったがために人生が悪い方向に変わってしまったという話はよく耳にしたものです。
メディアでも取り上げられる機会も多く、保証人になることに対しての警戒心はもとより、そもそもの消費者金融に対しても良いイメージは持たれていなかったでしょう。
現在は保証人が不要となるカードローンが一般的です。
今後、法律によって保証人が廃止となる流れもあります。
一方で銀行カードローンでは保証人は必要ないもののそれと同等の役割を持った保証会社があります。
銀行カードローンの保証会社は同系列の消費者金融や信販が担っていることが多く、例えばプロミスやアコムも保証事業を行っています。
保証人と保証会社は同じ役割です。
債務者の返済が一定期間滞ったときには銀行カードローンへの返済は保証会社が行います。
これは代位弁済といい、個人信用情報機関に金融事故情報として登録されるほどの状況です。
保証会社は代位弁済を行うことにはメリットはありませんので当然のことながら銀行カードローンの審査に申し込んだ時には保証会社も同時に審査を行います。
それが「保証会社からの保証が受けられる方」という項目にあるとおりです。
銀行カードローンには保証会社という返済が行われなかったとしても代位弁済をしてくれる相手があります。
しかし保証会社には代位弁済をしてくれる相手はいませんので銀行カードローンの審査よりも厳しいとも言われています。
ここでよくある勘違いをみてみましょう。
返済ができず、代位弁済を行ってもらったときには債務者には返済の義務がなくなるという話を聞いたことがあるでしょう。
それは全くの誤解です。
代位弁済を行っただけであり、つまりは債権が移動しただけです。
そのため銀行カードローンへの返済でなく保証会社に対して返済をしなくてはなりません。
しかし一度返済を一定期間行わなかったという経歴ができてしまっています。
そのため保証会社が指定する金利に変更になることはもちろんのこと、返済は分割ではなく一括払いを請求されることが多くなります。
返済が長期にわたればそれだけまた返済をしないという可能性が出てきます。
だからこその一括請求です。
保証人や担保はカードローンでは不要です。
しかし銀行カードローンでは保証人は必要なくとも保証会社がつけられるということは覚えておきましょう。